ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック

<title>ソニー ICF-B99 贈与 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック</title>

ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック

5548円

ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック









ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック

●普段使いはもちろん、非常時にも便利な3つの特長
大口径3.6cmスピーカーを搭載。コンパクトな設計ながら、聴きとりやすい音量でラジオを聴けます。
内蔵充電池、手回し充電、単3形アルカリ乾電池からiPhoneなどのスマートフォン、携帯電話を充電できるので、緊急時にモバイルバッテリーとしても役立ちます。
本体前面にLEDスポットライトを装備。夜間や停電時には懐中電灯として使用できます。
※一部のスマートフォン、携帯電話には対応していません。

●手回し充電、USB AC充電、太陽光充電に対応
本体のハンドルを回転させることで、内蔵の充電池に充電できます。握りやすさやハンドルの回しやすさに配慮したデザインなので、快適に手回し充電ができます。
USB ACアダプター(別売)を使って充電できます。
本体上部にソーラーパネルを搭載。太陽光で充電できます。
単3形アルカリ乾電池(別売)2本でも使用可能。手に入りやすい単3形なので、すぐに使えて便利です。

●ワイドFM(FM補完放送)に対応
AMラジオの番組をFM放送の周波数で聴けるので、ビルやマンションなどAM放送が入りづらい場所でもクリアな音質でAMラジオ番組を楽しめます。
※ワイドFM(FM補完放送)とは、AM(中波)放送局の放送区域において、難聴対策や災害対策のためにFM(超短波)の周波数を用いて、補完的にAM番組を放送することです。
 詳細につきましてはメーカーページでご確認ください。
※FM補完局にかかわる開始時期、放送局、使用周波数、聴取可能エリアなどは地域によって異なります。詳しくは、各地域のラジオ局ホームページなどをご覧ください。

●使いやすさにこだわった操作部
回しやすさや見やすさにこだわった大型の選局つまみと表示窓を採用。
また、使用中の誤操作を防ぐため、切り替えスイッチ(FM/AM/電源オフ)も大型でしっかりしたつくりになっています。
手回し充電用のハンドルは本体に一体化して持ち歩きにも便利なコンパクトサイズです。

●キッチンでも使える防滴仕様(JIS IPX4相当)
水しぶきや少量の雨から本体を守る防滴仕様なので、キッチンなどの水回りや屋外でも使用できます。

【仕様】
スピーカー:3.6cm
受信周波数:AM 530kHz~1、710kHz、FM 76.0MHz~108.0MHz
出力:内蔵電源使用時 60mW、アルカリ乾電池(LR6)使用時 90mW
電源:乾電池(単3×2)
電池持続時間(約):
・ライト点灯時:約50時間
・FM受信時(スピーカー使用):約80時間
・AM受信時(スピーカー使用):約100時間
※ソニー単3形アルカリ乾電池(LR6)を使用した場合の目安です。実際の使用時間は使用環境・状況によって異なります。
本体サイズ:(幅)132×(高さ)79×(奥行)58mm
質量(電池含む):約385g
付属品:キャリングポーチ、マイクロUSBケーブル、充電プラグアダプター、非常用の笛、ハンドストラップ

ソニー ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック

')

<title>ソニー 再入荷/予約販売! ICF-B99 S 太陽光充電対応 手回し充電ラジオ ブラック " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報